【2022年7月】水道水ウォーターサーバーおすすめ10選|飲み放題の浄水型を使用した忖度なしのランキング

水道水ウォーターサーバー おすすめ厳選

財布にも優しい定額制飲み放題のウォーターサーバーには様々な種類があります。

今まで水道水をそのまま飲むことに抵抗のある方は「浄水器」または「ウォーターサーバー」のどちらかを検討していました。

しかし、今大人気なのは「浄水器」と「ウォーターサーバー」のメリットを合わせた「水道水ウォーターサーバー(浄水型)」という最新モデルです。

そこで「当サイトでは実際に30台以上のウォーターサーバーを使用、検証したうえで現在(2022年7月時点)自信を持っておすすめできる”10社”」を選び抜きました。

編集部が忖度なしに水道水ウォーターサーバーをランキング付けしています。

迷ったらコレ!編集部が使ってわかった!
\2022年7月度 おすすめ3選!/

ハミングウォーター

詳細を見る

設置後1ヶ月間は無料!

エブリフレシャスmini

詳細を見る

初月料金3,300円無料!

エブリフレシャスtall

詳細を見る

床置き型が遂に登場!

迷ったらコレ!編集部が使ってわかった!
\2022年7月度 おすすめBest3/

詳細を見る

初月料金
3,300円無料!

詳細を見る

初月料金
3,300円無料!

詳細を見る

初月料金
3,300円無料!

検証内容|実際に30台以上のウォーターサーバーを使用しています

検証ポイント1. 実際の使用感
ウォーターサーバーは機能性や出水口の位置、水ボトル交換の難易度など機種によって様々です。そのため、実際に使うことでリアルな使用感をお伝えしています。
検証ポイント1 実際の使用感
検証ポイント2. コストパフォーマンス
月々の費用が安いだけではなく、機能性でも安心できるかを含めたコストパフォーマンスを調査しています。
尚、表示価格は総額表示になります。(参考:消費税法の考え方
検証ポイント2 コストパフォーマンス
検証ポイント3. 水の味と品質
天然水・RO水・浄水とウォーターサーバーで飲める水の種類は様々です。実際に飲み味を確かめたうえでおすすめできるかを検証しています。
検証ポイント3 水の味と品質
※記載の月額費用は水代+本体レンタル料+安心サポート料等の必要コストの合計(税込)になります。 ※記載の電気代は一般家庭の消費エネルギーにおけるJDSA基準の「消費電力測定基準」または各公式サイト発表の金額になります。

【定額制飲み放題】おすすめの水道水ウォーターサーバー3選

水道水ウォーターサーバーを比較

日本の水道水は水道法によってそのまま飲める品質になっていますが、それでも建物の配管状況によって綺麗とは言い切れません。

そのため、水道水を綺麗に浄水して使うウォーターサーバーが普及しました。

国内に水道水ウォーターサーバーは数多くありますが、編集部が本当におすすめできるのは次の3機種です。

    本当におすすめできる3機種

  • ハミングウォーター
  • エブリィフレシャスmini(卓上サイズ)
  • エブリィフレシャスtall(床置き型)

コストパフォーマンスや機能性などを考えれば、実際におすすめできる機種はごく僅かです。

おすすめポイントや選んだ理由などを参考にご覧ください。

ハミングウォーター

ミズセレクトのオリジナル素材 ハミングウォーター

\圧倒的人気!堂々の第1位!/
ハミングウォーターの詳細を見る
月額料金 定額3,300円
工事費用 なし
(水道水を補充するだけ)
フィルター交換費用 無料
(6ヵ月に1回)
不純物ろ過率 80%以上
使用できる温度 冷水・常温水・温水
タイプ 水道水を補充する
電気代 \省エネ設計!/
約475円/月

\設置後1ヵ月間は月額料金が無料!!/
ハミングウォーターのココが魅力

・定額3,300円で飲み放題
・初月3,300円が無料
・フィルター交換代がずっと無料
・常温水が使用できる
・横幅26㎝のコンパクトな設計

公式サイトで見る

水道水を浄水して使うタイプのウォーターサーバーを世に広めたのがハミングウォーターと言っても過言ではないでしょう。

なんといっても一番の魅力は定額3,300円で飲み放題ということ。

フィルター交換代や配送料、サーバーレンタル代金なども全て無料で使うことができます。

ハミングウォーターのろ過率は80%以上と少し低く感じますが、実は国内の水道水ウォーターサーバーはウォータースタンドを除いてほとんどの機種が80%以上となります。

浄水能力については、国が定める水の安全性基準で合計12項目をクリアしているので安心して使用することができます。

さらにハミングウォーターは設置工事が必要ないため、工事などが嫌な方は水道水補充型のハミングウォーター(初月無料中)がおすすめです。

エブリィフレシャスmini(卓上型)

ミズセレクトのオリジナル素材 エブリィフレシャスmini

\卓上サイズ!!初月3,300円が無料!!/
エブリィフレシャスminiの詳細を見る
月額料金 定額3,300円
工事費用 なし
(水道水を補充するだけ)
フィルター交換費用 無料
(6ヵ月に1回)
不純物ろ過率 80%以上
使用できる温度 冷水・温水
タイプ 水道水を補充する
電気代 \省エネ設計!/
約410円/月

\送料無料!初月3,300円が無料!/
エブリィフレシャスminiのココが魅力

・定額3,300円で飲み放題
・デザインがおしゃれでコンパクト
・省エネ設計で電気代が月410円

公式サイトで見る

エブリィフレシャスminiは機能性も高く最新の卓上ウォーターサーバーです。

ハミングウォーターと同じく定額3,300円と安く、とても小さくておしゃれです。

コンパクトながら非常に高性能で、周囲が暗くなると自動でスリープモード(節電)になったり、ECOモードにすることで電気代を60%カットすることができる省エネ設計。

第1位の「ハミングウォーター」とは、床置きタイプまたは卓上タイプを基準にして選ぶと良いでしょう。

エブリィフレシャスminiは設置工事がないので置き場所を選ばず、静音設計のため寝室などにも設置することができます。

さらに今なら公式サイト限定で初月3,300円が無料中になります。

エブリィフレシャスtall(床置き)

ミズセレクトのオリジナル素材 エブリィフレシャスtall

\新登場!初月3,300円が無料!/
エブリィフレシャスtallの詳細を見る
月額料金 定額3,300円
工事費用 なし
(水道水を補充するだけ)
フィルター交換費用 無料
(6ヵ月に1回)
不純物ろ過率 80%以上
使用できる温度 冷水・常温水・温水
タイプ 水道水を補充する
電気代 \省エネ設計!/
約360円/月

\床置きタイプが新登場!初月料金が無料!!/
エブリィフレシャスtallのココが魅力

・定額3,300円で飲み放題
・常温水が飲める
・再加熱モード搭載で熱湯も対応
・省エネ設計で電気代が月360円

公式サイトで見る

卓上タイプしかなかったエブリィフレシャスから遂に床置きタイプのtall(トール)が登場しました。

タンク容量も大幅にアップして常温水が飲めるようにバージョンアップしています。

さらに省エネ設計になり電気代が約360円/月と安いです。

ハミングウォーターとどっちがいい?

工事不要で同じ床置き型の「ハミングウォーター」とはどちらも非常に優秀な機種のため甲乙つけがたいですが、強いて言えばエブリィフレシャスtallは赤ちゃんや小さなお子様のいるご家庭に向いています。
お湯に完全チャイルドロックが常備されているため、安全ですが都度ロックを解除する手間があります。
小さなお子様がいないご家庭であれば手間に感じるためハミングウォーターがいいでしょう。

【定額制飲み放題】全10社比較!おすすめの水道水ウォーターサーバー

ウォーターサーバーのおすすめ徹底比較

上記でおすすめの水道水ウォーターサーバーBEST3をご紹介しましたが、定額飲み放題は他にもあります。

上記以外の水道水ウォーターサーバーを比較してまとめました。

商品 定額料金 工事の有無
ハミングウォーター 3,300円 無し
mini(ミニ)
エブリィフレシャス
3,300円 無し
tall(トール)
エブリィフレシャス
3,300円 無し
ロッカ(Locca) 3,146円 無し
ガーディアン
ウォータースタンド
4,400円 有り
(9,900円)
ネオ
ウォータースタンド
3,850円 有り
(9,900円)
アクアバンク 4,378円 無し
楽水ピュレスト 3,278円 有り
(12,000円)
Kiralaフレッシュ 5,478円 有り(無料)
オーシャン 4,378円 有り(無料)

4.ロッカ(Locca)

ロッカ リフィルサーバー出典:Locca公式サイト

\業界最安値!!/
ロッカ(Locca)の詳細を見る
月額料金 定額3,146円
工事費用 なし
(設置工事なし)
フィルター交換費用 無料
(4ヵ月に1回)
不純物ろ過率 80%以上
使用できる温度 冷水・温水
タイプ 水道水補充型
公式サイトで見る

ロッカ(Locca)は定額3,146円と同じ水道水補充型のハミングウォーターより若干安いですが、常温水が飲めません。

ウォーターサーバーとしての利便性を考えると上位3機種には劣ってしまいます。

しかし、常温水に拘りがない方にはロッカ(Locca)が1番安くておすすめとなっています。

5.ウォータースタンド|ガーディアン

ウォータースタンド ガーデン出典:ウォータースタンド公式サイト

\不純物除去率99.9%の最新型!!/
ガーディアンの詳細を見る
定額料金 4,400円
(定額制で飲み放題)
初回設置費用 9,900円
(設置工事あり)
フィルター交換費用 無料
(6ヵ月に1回)
不純物ろ過率 99.9%
使用できる温度 冷水・常温水・温水
タイプ 水道と繋ぐタイプ
電気代 \超省エネ設計!/
約150円/月

\コンパクトサイズ&超省エネ設計!!/
ウォータースタンドのココが魅力

・水道水の不純物除去率99.9%
・常温水が使用できる
・水道直結型のため水の補充が不要
・フィルター代や定期メンテナンスが無料

公式サイトで見る

ウォータースタンドは水道と繋ぐタイプのため、水を補充する手間がありません。

中でも人気機種のガーディアンは最新型で超省エネ設計のため電気代が月150円と激安です。

これは間違いなく業界No.1の安さ。

本体サイズは「縦横23cm」と非常にコンパクトながら、水道水の不純物除去率は99.9%と驚くほど高性能。

水道直結型のウォーターサーバーを探している方には真っ先におすすめする1台です。

6.ウォータースタンド|ネオ

ウォータースタンド ネオ出典:ウォータースタンド公式サイト

\不純物除去率99%!/
ウォータースタンドの詳細を見る
月額料金 定額3,850円
初回設置費用 9,900円
(設置工事あり)
フィルター交換費用 無料
(6ヵ月に1回)
不純物ろ過率 99%
使用できる温度 冷水・常温水・温水
タイプ 水道と繋ぐタイプ
電気代 約550円/月

\業界トップクラスの除去率99%!/
ウォータースタンドのココが魅力

・業界トップレベル不純物除去率99%
・常温水が使用できる
・水道直結型のため水の補充が不要
・フィルター代や定期メンテナンスが無料

公式サイトで見る

5位と同じメーカーのウォータースタンドからおすすめする機種が「ネオ」です。

高性能なろ過フィルターを採用しており、業界トップレベルの不純物ろ過率99%を誇ります。

また、水道水直結型のため水道水を補充する手間がないことも大きな魅力です。

5位の「ガーディアン」より定額料金は550円安いですが、サイズが少し大きいため事前に設置スペースを確認しておきましょう。

ガーディアンとの大きな違いは「サイズ感」と「電気代」です。

7.アクアバンク

アクアバンク出典:アクアバンク公式サイト

\水素水を好きなだけ!/
アクアバンクの詳細を見る
月額料金 定額4,378円
工事費用 セルフ設置なら不要
(水道水を補充するだけ)
フィルター交換費用 無料
(1年に1回)
不純物ろ過率 97.4%
使用できる温度 冷水・温水
タイプ 水道水を補充する
電気代 約1,000円/月

\当サイト限定4,500円キャッシュバック!/
アクアバンクのココが魅力

・定額4,378円で飲み放題
・ミネラル水素水が飲み放題
・1年に1回のメーカーメン手ナンスあり
・クレカ以外にも口座振替にも対応

アクアバンクは定額4,378円で話題の水素水が飲み放題になるウォーターサーバーです。

健康のために選ぶウォーターサーバー第1位にも選ばれています。

当サイトから申し込めば「もれなく全員に4,500円の現金キャッシュバック」があるのでこの機会にお得に始めましょう。

また、殆どのメーカーはクレカ決済のみですが口座振替での支払いにも対応しています。

8.楽水ピュレスト

楽水ピュレスト出典:楽水ピュレスト公式サイト

楽水ピュレストの詳細
月額料金 定額3,278円
工事費用 有料(12,000円)
(設置工事あり)
フィルター交換費用 無料
(最低6ヵ月に1回)
不純物ろ過率 80%以上
使用できる温度 冷水・常温水・温水
タイプ 水道直結型

定額3,278円と水道直結型の中では安い機種ですが、初期費用に12,000円発生してしまうためおすすめしません。

また除去率が80%以上のため、除去率99%以上のウォータースタンドの方がおすすめとなります。

9.Kiralaフレッシュ

キララ ファミリア出典:Kirala公式サイト

Kiralaフレッシュの詳細
月額料金 定額5,478円
工事費用 無料
(設置工事あり)
フィルター交換費用 無料
(機種によって異なる)
不純物ろ過率 99.9%
使用できる温度 冷水・常温水・温水
タイプ 水道直結型

フィルターの不純物除去率は99.9%、さらに常温水も飲める高性能な機種です。

しかしまったく同条件で定額3,850円のウォータースタンドがあるためお得ではなくおすすめはできません。

10.オーシャン

オーシャン出典:オーシャン公式サイト

オーシャンの詳細
月額料金 定額4,378円
工事費用 無料
(設置工事あり)
フィルター交換費用 無料
(1年に1回)
不純物ろ過率 99%
使用できる温度 冷水・温水
タイプ 水道直結型

フィルターの不純物除去率が99.9%と高性能な機種ですが、常温水が飲めない点、フィルター交換やメンテナンスが1年に1回と他社に比べて期間が長いのがネックに感じます。

引っ越し時の移設費用や部品代が別途必要な部分も気になる部分です。

水道水ウォーターサーバーはどんな仕組み?メリット・デメリットなど

水道水を補充するだけのウォーターサーバー

浄水器とウォーターサーバーでどちらにするか悩んでいる方にはおすすめの情報があります。

それは浄水器とウォーターサーバーが一体化した新たな機種が登場しているということです。

浄水能力などの機能性もおすすめのポイントですが、一番のポイントは費用が非常に安いということ。

    水道水ウォーターサーバーの特徴

  • 温水、冷水、常温水がいつでも飲める
  • 定額制なので料理にも気にせず使える
  • 不純物除去率99.9%の高性能フィルターで安心
  • コストパフォーマンスが高い

コロナの影響でおうち時間が長くなったこともあり、水道水ウォーターサーバーが急激に普及しています。

そんな水道水を使ったウォーターサーバーにもメリット・デメリットがありますので、しっかり確認しておきましょう。

水道水ウォーターサーバーは大きく2種類ある

水道水ウォーターサーバーの工事ありと工事なし

水道水ウォーターサーバーは大きく分けて「工事あり」「工事なし」の2種類があります。

それぞれメリット・デメリットがあるので、自分に合った方を選んでください。

工事あり 工事なし
料金 定額3,850円 定額3,300円
水の補充 なし 必要
機種の例 ウォータースタンド ハミングウォーター

水道と繋ぐ「工事あり」と「工事なし」の2種類を選ぶポイントは簡単です。

水の補充が手間だと感じる方は、工事ありの水道直結型ウォーターサーバーがおすすめです。

また、水を使用する頻度がそこまで多くない方や、キッチン以外に設置したい方であれば工事なしの水道水を補充するタイプがおすすめです。

メリット1.高性能フィルターでろ過された安全な水

ハミングウォーターのカートリッジ交換

塩素やカルキなどの不純物を99.9%も除去できるほどの高性能フィルターが付いています。

さらに、水道水ウォーターサーバーは自宅の水道水を使用するため、もちろん飲み放題です。

そんな高性能なウォーターサーバーが定額3,146円~で使用することができます。

メリット2.コストパフォーマンスが良い

浄水器とウォーターサーバーの機能が合体した高性能な機種ですが、月額費用は非常に安く設定されています。

なぜなら本来であれば必要なはずの費用が無料になるからです。

  • 初期設置費用
  • メンテナンス費用
  • フィルター交換費用

上記はすべて定額料金に含まれているため、ほとんどのメーカーで無料となっています。

メリット3.水ボトルの受け取りや交換がない

ボトル交換する様子

宅配水のウォーターサーバーは水ボトルの受け取りやボトル交換を手間に思う方も少なくはありません。

事実、ウォーターサーバーをやめた理由(アンケート調査)でも「ボトル交換が手間」という回答が多く見受けられます。

水道水ウォーターサーバーであれば、こうした手間がないのも人気の理由でしょう。

デメリット1.水道と繋ぐタイプの場合

水道水ウォーターサーバーを上手に活用するためには、デメリットもしっかり確認しておきましょう。

    水道直結型のデメリット

  • 工事の手間や費用が発生する
  • 設置場所が限られる
  • 停電時に使用できない機種がある

上記が『水道直結型(工事あり)』のデメリットです。

水道直結型は「ウォータースタンド」が有名ですが、設置工事が必要な点や、設置場所が限られることがデメリットになります。

気軽に場所を変えたりするのは難しいので、ウォーターサーバーのサイズを確認し、事前に設置場所をしっかりと検討しておきましょう。

デメリット2.水道水を補充するタイプの場合

水の買う手間がないウォーターサーバー

続いて『水道水補充型』のデメリットです。

    水道水補充型のデメリット

  • 水道水を補充する手間がかかる
  • 自分でフィルター交換する必要がある
  • 停電時には使用できない

水道水補充型の一番のデメリットは、水を補充する手間がかかることです。

水を飲むだけでなく料理にもたくさん使うご家庭であれば、1日1回以上補充する必要もでてきます。

また、定期的にフィルターが自宅に郵送されるので自分でフィルターを交換する必要があります。

しかし、フィルター交換はメーカーによりますが、4~6ヶ月に1度と頻度は高くないので、大きな負担ではないでしょう。

知っておくべき!カートリッジの不純物除去率の表示ルールとは

水道水ウォーターサーバーや浄水器を選ぶうえで「不純物除去率の表示ルール」に関しては理解しておきましょう。

「不純物除去率80%」と記載されているメーカーが多数あります。

この80 %という数値は低いわけではなく「家庭用品品質表示法」(JIS S 3201)による表示ルールで「80%以上除去できていれば除去率80%と表示」することになっており、仮に99%除去できていたとしても「80%」と表示しているメーカーもいくつかあります。

つまり、不純物が80%しか除去されていないのではなく、実際の除去率は80%~99.9%の間となっており、厳しい検査に合格した浄水フィルターが除去率80%以上と表示されているということです。

しかし、最近では他社と差別化するために除去率が99%であれば「不純物除去率99%」と表記するメーカーが少しずつ増えてきています。

不純物除去率の表示ルールをしっかりと理解し、自分に合った水道水ウォーターサーバーを選びましょう。

水道水ウォーターサーバーと浄水器はどっちがおすすめ?

ウォーターサーバーの大きさ

浄水器と水道水ウォーターサーバーの大きな違いは「温水と冷水が使えるかどうか」となります。

下記に当てはまる方はウォーターサーバーより浄水器の方が合っています。

  • 月額費用などは払いたくない
  • 安全に水道水を飲むだけでいい
  • 普段お湯を使用する場面は少ない

つまり「浄水器を付ければ水道水は安全に飲めるので、水に高いお金を払うのは嫌だ」という方ですね。

確かに浄水器を使用することで、水道水を安全で綺麗な水に変えることができます。

しかし、浄水器はただそれだけだとも言えます。

浄水器とウォーターサーバーの特徴

浄水器 水道水ウォーターサーバー
初期費用 2,000円~20万円 0円~4,000円
月額費用 水道代のみ 3,000円~5,000円
メリット ・水道水を綺麗にする ・水道水を綺麗にする
・お湯と冷水が飲める
・ミルク作りの時短になる

ウォーターサーバーの利点は安全で綺麗な水が飲めるだけではありません。

浄水器を利用しても、90℃のお湯は出ません。

さらに朝の時間が無い中でコーヒーやインスタントの味噌汁を手軽に作ったり、赤ちゃんのミルクも手早く簡単に作ることができます。

要するに水道水ウォーターサーバーは安全で綺麗な水を作るだけでなく、「普段の生活に便利性や快適性などの付加価値をもたらす」ことができるのです。

初期費用や月額費用の比較

月々の費用は水道水ウォーターサーバーが高く、浄水器は初期費用が多く必要になります。

利便性や機能性もまったく違うため、どちらを選ぶのかは利用目的で決めましょう。

一番簡単な目安は「普段の生活でお湯と使う頻度」で決めることでしょう。

こんな人には浄水器がおすすめ

水道水をそのまま飲むことに抵抗があり、普段お湯を使う場面は少ない人は、水道水をろ過してくれるだけの浄水器がおすすめです。

機種により初期費用が2,000円~20,000円程度発生し、フィルター交換にも費用が発生する場合がありますが、浄水器の方がウォーターサーバーよりも安く利用することができます。

こんな人には水道水ウォーターサーバーがおすすめ

水道水ウォーターサーバーの一番の利点は、ろ過された綺麗な水をお湯や冷水で無制限に使うことができる点です。

そのため頻繁に料理で水を使う人や、赤ちゃんのミルク作り、コーヒーやインスタント食品を頻繁に利用する方には時短になり非常におすすめです。

~ この記事のまとめ ~

・浄水器と水道水ウォーターサーバーを選ぶポイントはお湯を使う頻度
・除去率の表示ルールは事前に確認する
・常温水が使える機種が便利
・設置工事費は無料を選んでお得に使いましょう

※本記事内の価格はすべて税込表記になります。
※本記事は可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、その内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※ウォーターサーバーのお申し込みはご自身で各メーカーのホームページをご確認し、判断頂けますようお願いします。
※本記事の内容は本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。

SNSでもご購読できます。